屋根の塗装・リフォームのことなら

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
24時間365日電話相談受付中! フリーダイヤル 0120-949-673

スタッフ待機中

24時間365日、屋根工事業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-673

屋根のご相談お受けします 今すぐ無料紹介

2015-7-16

住まいで最も重要な屋根

人が家を建てて暮らす一番の理由は何でしょうか。それはやはり「雨や陽射しを避けたい」というのが最大の目的であるような気がします。人間の起源である時代に生きた人は洞窟などで生活をしていましたし、その後縄文時代に生きた人は「竪穴式住居」と呼ばれる竪穴に屋根を葺いた住まいに住んでいました。このことからも、人にとって住まいに求めるものは壁よりも優先度が高いのは屋根だったと思われます。そして現代。もちろん昔の人とは違い、今私たちは断熱性も高い高性能な家に住むことが出来ていますが、住まいのトラブルでは壁よりも屋根の方が断然多いと言われています。最近は異常気象が頻繁に起こっているので、豪雨や雹、突風、竜巻など屋根にとっては非常に厳しい環境が続いています。いくら丈夫な材料と高い技術で作った屋根でも、想定外の過度な力や経年による劣化は避けられません。修繕などのメンテナンスをせず放っておけば、いずれ隙間が空き雨漏りの原因となります。私たちが昔から最も重要視しているはずの屋根ですが、意外とメンテナンスは後回しになっています。何か異常な天気に襲われた時はもちろん、そうでなくとも定期的には屋根を調査し、必要なら修繕、もう何十年も使っているようであればリフォームを行いましょう。屋根のことなら是非本サイト「屋根なび」にご相談ください。

バックナンバー

このページのトップに戻る