屋根の塗装・リフォームのことなら

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
24時間365日電話相談受付中! フリーダイヤル 0120-949-673

スタッフ待機中

24時間365日、屋根工事業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-673

屋根のご相談お受けします 今すぐ無料紹介

2014-6-9

瓦屋根の修理をする際の注意点

古くから日本家屋で用いられている粘度瓦の場合、スレートや金属系の屋根材よりも耐久年数がはるかに長いのですが、台風や強風、地震など予期せぬ自然災害でズレや欠けなどが起こる場合があります。 見た目に少しヒビが入っていたりずれていたりというちょっとした瓦屋根の修理程度ならDIY感覚で自分で直せると思いがちですが、場所が屋根だけに危険が伴います。また素人の修理ではその場しのぎですぐに元通りになり、さらに傷んだ箇所が大きくなって結局業者にお願いすることになるかもしれません。少しの修理でもここ瓦のプロである瓦屋さんに頼んだ方が懸命です。 瓦屋根の修理は修理方法も価格も、瓦の種類や状態により様々であり、さらに工事業者によっても千差万別です。しかし瓦屋根の修理の場合は漆喰を使うため、その道の職人に任せた方が安心です。また屋根の補修工事で一番訪問営業に目を付けられやすいのが、漆喰の剥がれや、瓦の破損だといいます。もし予想外に大規模な工事となり日数がかかれば、職人の日当などもかかって費用もかなりかさむことが予想されます。やはり瓦屋根の修理を依頼する際は、瓦の傷み具合の大きい小さいにかかわらず瓦業者に見てもらって適正な価格を提示してもらうのが一番早く懸命な方法だと思われます。 瓦屋根の修理など初めての方がほとんどだと思われますが、まずは何社かの瓦業者から見積もりを出してもらって比較検討したり、業者の紹介サイトを利用してみましょう。

バックナンバー

このページのトップに戻る