屋根の塗装・リフォームのことなら

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
24時間365日電話相談受付中! フリーダイヤル 0120-949-673

スタッフ待機中

24時間365日、屋根工事業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-673

屋根のご相談お受けします 今すぐ無料紹介

2013-8-14

屋根工事の工法

屋根工事は屋根がどのような材質かによって工法が違います。 工法それぞれに良い点と悪い点があるので業者とよく相談して決めるようにしましょう。金属、スレート、瓦の屋根工事は、住まいの屋根の築年数や劣化具合、勾配などによって施工可能か不可能か等工事の種類も変わることになります。例えば使う屋根の材質により屋根工事の施工可能な勾配は決められています。勾配がなだらかな屋根の場合、漏水が起こる危険があり屋根の形状によってはおすすめできない屋根材もあります。金属で造る場合屋根の勾配は平坦に近い1/10以上のゆるい勾配でも屋根を造り維持することが可能ですが、瓦葺き屋根では4/10以上というある程度の勾配がなければ屋根を造ること自体が不可能です。 逆に、もし瓦葺き屋根で2/10程度のゆるい勾配にすると、瓦と瓦のすき間から雨や雪などが進入することで漏水が起こり生活に支障をきたすことになりかねません。また一方である程度の勾配、例えば5/10以上の急な勾配の屋根工事を行う際には、作業上の危険回避のため屋根全体に足場を組み立てて作業を行う必要が生じます。 新築の際は足場の組み立てや撤去の費用も工事費含まれるために、足場に関わる具体的な工事額が見えませんが、屋根材の破損や、スレート屋根の塗り替えを行うなど屋根のメンテナンスの作業の場合は、足場を組み立てて作業を行う必要が生じます。そのため屋根工事の場合、足場を組む費用も予算に入れるという点を考慮することを念頭に置いてください。

バックナンバー

このページのトップに戻る