屋根の塗装・リフォームのことなら

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
24時間365日電話相談受付中! フリーダイヤル 0120-949-673

スタッフ待機中

24時間365日、屋根工事業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-673

屋根のご相談お受けします 今すぐ無料紹介

2014-8-24

屋根の塗装は定期的に!

屋根の耐久性が維持でき、結果屋根修理費用の負担軽減につながるため、屋根の塗装を定期的に行いましょう。家屋が築10年程度の場合や屋根材/下地材に傷みが生じる以前の状態なら、屋根の表面部分のみの塗装でリフォーム工事としては十分です。定期的な塗装を実施することで屋根の表面部分が塗装剤の塗膜で保護されるため屋根を保護することができ、それにより屋根の経年劣化を遅らせることを可能とします。
屋根の塗装をする時は、屋根表面に付いたカビや藻などを洗浄して落とし、その後に塗料を十分に接着するための下塗り用溶剤であるシーラー剤を塗布します。その上で外観仕上げ用塗料の塗布によりリフォーム工事が完成します。一般的に屋根の塗装をする場合に、家屋に足場を組んだ上で作業を行う必要があることで、家屋の外壁も屋根と同時にリフォームの塗装工事を行うことで、屋根と家屋の外壁とを別々にリフォーム塗装をするよりも10数%程度費用の低減ができます。また、直射日光や雨風等の気象環境で、屋根塗装での経年劣化は外壁での塗装と比較して早くなるケースが多いので、できれば屋根の塗装には多少性能が高いシリコンかフッ素系の塗料を塗るのがおすすめです。
近頃では温暖化現象で年々真夏の温度が上昇傾向にありますが、屋根部からの太陽熱の侵入を防ぎ、屋内の温度上昇を抑制、結果屋根の裏側部分の温度を20℃近く低減し、省エネにも貢献する遮熱塗料を屋根の塗装に施すのも人気で、各社から発売されている製品があります。

バックナンバー

このページのトップに戻る