屋根の塗装・リフォームのことなら

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
24時間365日電話相談受付中! フリーダイヤル 0120-949-673

スタッフ待機中

24時間365日、屋根工事業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-673

屋根のご相談お受けします 今すぐ無料紹介

2014-4-20

屋根のリフォームで塗装するときは

リフォームの場合屋根の塗装であれば葺き替えなどの大規模なリフォーム工事よりも比較的負担もなく行えます。
それゆえに、屋根の耐久性が維持でき、その結果屋根修理費用の負担が少なくなるリフォームの屋根の塗装、すなわち塗り替えをなるべく何度も行うべきです。
築年数が10年ほどだったり屋根材、屋根の下地材が痛む前の建物であれば、リフォームは屋根の塗装だけでも十分だと言えるでしょう。定期的にリフォームの屋根の塗装を行うことで屋根が塗料の膜で覆われ、屋根の劣化を防ぐことができるようになります。そうすることで屋根の寿命をのばすことにつながるのです。
リフォームで屋根を塗装する時は屋根の表面にこびりついたカビや藻、雑草などを洗い流し、その後塗料の接着を高めるためのシーラーを下地に塗り、仕上げとして塗料で全体を上塗りします。この時通常、塗装を行うときはを踏み板などの足場を作る必要があります。また屋根のリフォームを行う場合、屋根を塗装するだけでなく外壁の塗装を一緒にやってもらったほうが、それぞれを別々に塗装してその金額を合わせた金額よりも1、2割ほど費用が安くなります。
直射日光や雨風により、屋根に塗る塗料の耐久年数は外壁に同じ塗料を塗った場合と比べてはるかに短くなってしまいます。そのため、リフォームの屋根の塗装には外壁の塗料よりも1~2ランク上の塗料を塗装に用いるか、シリコン、フッ素系のはがれにくい塗料を塗ると良いでしょう。

バックナンバー

このページのトップに戻る