屋根の塗装・リフォームのことなら

年間受付件数20万件以上 ※弊社運営サイト全体の年間受付件数
24時間365日電話相談受付中! フリーダイヤル 0120-949-673

スタッフ待機中

24時間365日、屋根工事業者をご紹介!

フリーダイヤル 0120-949-673

屋根のご相談お受けします 今すぐ無料紹介

2013-9-26

屋根のリフォームのおすすめのカバー工法

「屋根の傷みが気になる」というお宅は屋根の点検をリフォーム会社に行ってもらいましょう。
そのとき屋根の損傷がひどい状態の場合は葺き替えかカバー工法を検討するようにしましょう。しかし「リフォーム費用にそんなにお金をかけられない」というお宅、いらっしゃるかと思います。そういった方は屋根のリフォーム方法としてカバー工法が可能ならカバー工法を用いることをすすめます。
屋根のリフォームの一つであるカバー工法とは重ね葺きとも言われ、今ある屋根に新しく別の屋根材を上にかぶせる工法です。すでにある屋根材を撤去しないので手軽に施工できる上、リフォームの中でも施工期間が短く比較的安価で行えて廃棄も少ない、エコロジなー工法といえます。屋根材にヒビやサビがあったとしても、下地部分の傷みは少ないものとなっている場合に適した工法といえます。屋根のリフォームのカバー工法に施工することができる主な屋根材はスレートで、他にはアスファルトシングル、金属系のもの、アルミダイキャスト瓦にも適用が可能です。屋根のリフォームのカバー工法を行う利点は、葺き替えの工法と比較すると施工期間が短くすみ、費用も安く抑えられる点です。
逆に、屋根のリフォームのカバー工法のデメリットは屋根が二重になってしまうので、屋根が重くなってしまう点です。カバー工法を自宅の屋根に施工する際は屋根が重くなることをふまえて自宅の強度や耐震性を確認して、地震の際に屋根の重みで自宅がつぶれないように屋根材を選ぶようにしましょう。

バックナンバー

このページのトップに戻る